FC2ブログ
微乳ゆかりのエッチな話 女性視点エッチ体験談
ゆかり

女性の私が興奮したエッチな体験談を掲載しています。女性の奥に潜むエロスをご堪能下さい。


痴漢の手は、私のタイトスカートの後ろのジッパーを下ろし、 私のパンティの中へ…

2020年11月25日
痴漢体験談 0

私は28歳のOLです。
半年ほど前、主人の転勤で東京に引っ越してきました。
仕事も決まって毎日電車で通勤をしてますが、
嫌なことなのに、それを期待して電車に乗っている
自分がいることに気付きました。

まだ子供はいないのですが、主人は会社の部長をやっていて
毎日帰りが遅く、接待とかあれば、帰ってこない日もあります。
だからエッチも月に1回くらいしかありません。

官能小説ランキング

ちょっとさみしい私は、ある日、電車の中で痴漢にあいました。
ちょうど生理前で数日もやもやしていたのですが、その痴漢の
手が気持ちよくて、つい感じてしまいました。

痴漢の手は、私のタイトスカートの後ろのジッパーを下ろし、
私のパンティの中へ。だいぶ濡れていた私のおまんこに指が
ヌルっと入っていったのです。
「あっ、あっ、いや~ん」
つい小さな声が出てしまいました。
そして痴漢の男に寄りかかるように身を任せ、私はその気持ちよさに
浸っていました。
そして駅についたので、すぐに降りたのですが、トイレでパンティを
見ると、かなり濡れてました。

会社についてもパンティが濡れていて、痴漢のことを思い出すと
また濡れてきます。
私は体調が悪いと、トイレに行って、思う存分オナニーをしました。

それから数日がたって生理も終わった頃でしょうか、この前に痴漢と
また同じ車両になり、今度は私から近づいていって、また痴漢を
楽しみました。
その痴漢の男は、30代だが案外かっこよく私の好みで、それから
毎日のように痴漢をされました。
でもいまだに一言も話したことはありません。

えっちなドラえもん

でもこの前思い切って声をかけました。そして名刺をもらい、
私の名刺も渡して、その日の夜、一緒に飲みにいきました。

彼は独身ですが、主人より大きなおちんちんを持っています。
でもホテルでエッチするといまいち燃えません。
なので、会社の行きと帰りや昼休みに、会社の倉庫みたいな部屋で
エッチしたり、もちろん電車内でも痴漢されてます。

主人に申し訳ないと思いながらも、オナニーをする時は、
痴漢されてる時のことを思い浮かべながらしています。

こんな私どうにかしてもらえませんか?

女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル

気に入ったらシェア!

ゆかり
この記事を書いた人: ゆかり
私が興奮した体験談を掲載しています。
皆さんの体験も
どんどん送って下さい!!

コメント0件

コメントはまだありません