FC2ブログ
微乳ゆかりのエッチな話 女性視点エッチ体験談
ゆかり

女性の私が興奮したエッチな体験談を掲載しています。女性の奥に潜むエロスをご堪能下さい。


若い先生にとって、屈辱的なお仕置きが…

2020年11月29日
SM体験談 0
若い先生がPTAの役員に取り囲まれ問い詰められている。
「先生は、生徒のお尻を叩いてるそうですね」
「どういうつもり?そんな体罰教師に子供達を預けられないわ」
一方的に問い詰める彼女達に何を言っても通用しない。
この場は謝って事なきを得ようとするが、そんな事では納得しない。
「いいわ、本当に反省しているのか見せて頂戴」
「生徒がされたようにしてあげるわ。ズボンとパンツ脱いでお尻だしなさい」
彼女たちは本気のようだった。先生にとって、屈辱的なお仕置きが始まろうとしている。

官能小説ランキング


命令に従って壁に向かってズボンとパンツを脱ぐ。
「壁に手を付いてお尻を突き出して」
「もっと、叩きやすいように尻を突き出しなさい」
無防備に突き出したお尻に彼女達の容赦ないお仕置きが始まる。
「お願いです。もう許して下さい」
叩かれるたびにお許しを請う先生に彼女達は冷ややかに答える。
「まだ始まったばかりでしょ」
「こんなもんじゃすまないわよ」
「真っ赤になるまでお仕置きしないとね。」
「これ、スカッとするわね」
彼女達の欲求不満が解消されるまで続けられることになる。

「いいわ、許してあげる。こっち向きなさい」
叩きつかれたのか、やっとのことでお尻たたきは止めてもらえた。
しかし、ズボンもパンツも下ろした格好で正面を向かされる。
「早くしなさい!」
両手で股間を隠したまま彼女たちの方を向く。
「何もぞもぞしてるの。気をつけでしょ。」
「すいません。それは許して下さい」
彼女達の視線は僕の股間に集まっている。
リーダー格の女性が他の女性に声をかける。
「ごめんなさい。手伝ってくれる?みんなで押さえ付けちゃって!」
「はい」
その言葉に従って彼女達は押さえ付けにかかる。
彼女達のお仕置きはまだまだ終わらない。

何とか必死に逃れようとするが、3人がかりで一斉に襲い掛かってくる。
女性とはいえ3人の力にはかなわず、抵抗もむなしく、羽交い絞めにされてしまう。
そして上半身を覆っているシャツも脱がしてしまう。
両手を拘束され、隠していたむき出しの下半身が露になる。
彼女達の視線は下半身に集中する。
「いやぁ-」
「ふうん、先生のって、こんな風になってんのね」
恥ずかしさのあまり何とか逃れようとするが、抑えられている力にはかなわず、体を揺さぶる程度の動きしか出来ない。
「ちょっと、暴れないでよ」
「しゃきっとしなさいよ。男でしょ」
会長は見下しながらゆっくり近づくと正面に立つ。
「大して隠すようなものじゃないでしょ」
そう言うと指先で小さいままの粗末な肉棒を指で弾く。
「あっ!」
その先端の痛みに反射的に腰を引く。
その無様な反応に女性達から失笑が起こる。
加虐性を増した彼女達のお仕置きはまだまだ続く。


「ちょっと待ってて」
そう言って、何かを探しに行った会長が戻ってきたとき、手には紐を持っていた。
それを目の前に差出し見せ付ける。
「止めてください」
「あら、まだ何も言ってないじゃない」
そう言った会長は言葉を続ける。
「でも…、勘がいいのね」
「許してください。」
「お行儀悪い子には」こうするしかないわよね」
彼女達は先生の両手を合わせるように押し付ける。
会長は持ってきた紐でその手首を縛り始める。

えっちなドラえもん
女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル
関連記事

気に入ったらシェア!

ゆかり
この記事を書いた人: ゆかり
私が興奮した体験談を掲載しています。
皆さんの体験も
どんどん送って下さい!!

コメント0件

コメントはまだありません