FC2ブログ
微乳ゆかりのエッチな話 女性視点エッチ体験談
ゆかり

女性の私が興奮したエッチな体験談を掲載しています。女性の奥に潜むエロスをご堪能下さい。


普通のセックスには興味ありません…私を大勢で犯して欲しい

2020年12月10日
強姦された体験談 0

その日の帰り、彼女は前川に連れられてネットカフェに寄った。中は個室で天井は空いている部屋の椅子に彼女と前川は並んで座った。

「面白いもん、見せてやるよ」前川はとあるサイトをモニターに表示させた。

『陵辱倶楽部』とタイトルが表示され、前川は年齢認証をしたあと、IDとパスワードを入力した。

「ここ、会員だけが見られるんだ」

「あっ・・」彼女は絶句した。モニターには『被陵辱希望者リスト』と書かれたタイトルの下に、女性の顔のサムネイルが並んでいた。その中に、彼女は自分の顔を見つけた。

官能小説ランキング

「・・これ・・」

「お、見つけるの速いな(笑)。そう、これ、お前だ」サムネイルの女性の目線にはボカシがかかっているが、それはとても薄いもので、殆ど顔を晒しているに等しかった。そして、彼女のサムネイルの下には『NEW』の文字が点滅しており、前川は『プロフィール』をクリックした。

「お前のこと、書かれてるぜ」

「・・・え?・・」彼女はモニターに映ったプロフィールを見て、言葉が出なかった。

『○○○(彼女の本名)です。○○県○○市在住の既婚者です。31歳です。身長は160、スリーサイズは82/60/85。パイパンにしており、アナルも調教済みです。口を塞がれながらゴム無しのセックス、後ろから奥まで突かれること、アナルとオマンコの二本挿し、アナル、オマンコ、フェラの3穴同時挿入、膣内射精が好きなプレイです。また、他人に見られながらのセックスも好きな変態です。私には陵辱希望があります。たくさんの肉棒にめちゃくちゃに犯され、ドロドロで泡立つような精子を飲まされ、膣内にも射精されたい願望があります。そして、ここの倶楽部に応募しました。旦那とは5年間のセックスレスです。この5年間、私は出会い系や飲み屋さんで知り合った男性と一夜限りの数多くの関係を持ってきました。しかし、私の欲望を満たしてくれる男性はいませんでした。私は普通のセックスには興味ありません。ただ、私を大勢で犯し、精子を注いでくれる男性とその肉棒が欲しいのです。』「・・アタシ、こんなこと言ってません・・」彼女はモニターを見つめながら前川に言った。

「あはは、そりゃそうだろ?」

「・・だれがこんな・・」前川はタバコに火を付けた。

「・・この前さ、お前に小便飲ませた男達がいたろ?」

「・・はい」

「あいつらが仕切ってるネットサークルなんだよ。変態専用の。・・お前、この前撮られてたろ?ここに出す写真や動画だったんだよ。」

「・・でも、何でアタシが・・・」

「オレ、お前のことを貸し出すことにしたから。」前川はあっさりと言った。

「え?・・貸し出すって・・」

「このサークルにお前のことを貸し出すの。ここでしっかりと調教されてこい。」

「・・え・・よく分かりません・・何でですか・」

「・・オレ、お前のことボロボロにしたいんだわ。マジで。マンコもアナルもガバガバだろ?誰のチンポだってしゃぶるし、ザーメンだって飲むだろ?だから、オレの欲求がエスカレートしてきたんだよ(笑)。ただ、それだけ。」

「・・それだけって・・・」

「オレにとって、お前の女としての人生なんかどうでもいいんだよ。どこの誰に犯されようが、オレは別に構わないんだ」

「・・」

「黙って、続きを読めよ」彼女は再びモニターに目を向けた。

『・・こんなアタシを犯して陵辱してくれる大勢の男性を募集します』「・・募集・・って・・どういうことですか・・」彼女の声のトーンは明らかに落ちていた。

『生フェラ、生姦、OKです。生アナルも可能です。射精は、口、膣内、アナル内、どこでも結構です。お好きなところに射精してください。大勢の男性の肉棒に囲まれることを望みます。私を輪姦してください。手、口、オマンコ、アナル、体中のどこを使ってもらっても構いません。お好きに射精し、私に精液をください。私を犯して陵辱してください。もし、それ以上のプレイをお望みの場合、お申し込み時に教えてください。露出可能です。SM、スカトロ興味あります。教えて頂ける方、サイトまでご連絡ください。・・・先日、私を使っていただいた時の画像と動画をサイト様に添付していただきました。興味のある方、ご覧ください。』「そうそう、この前の画像と動画が見られるんだよ、・・・こういう風に・・」前川がボタンをクリックすると、先日貸し出されたときの彼女の姿がサムネイルで表示された。それをクリックすると画面いっぱいに画像が展開する。

「・・あ・・」画像の彼女の顔にはモザイクもボカシも入っていなかった。もちろん、チンチンにはボカシが入っているが、それを咥えている彼女の唇のシワまではっきりと見え、涎に塗れた口がチンチンに密着している様子が分かる。そして、彼女の潤んだ目がフェラチオしたままこちらを見ている。彼女はフェラ顔をネットを通じて不特定多数の人間に晒したのだ。

「あはは、お前、これで全国デビューだぜ!」

「・・ひどいです・・こんな・・・」彼女を知っている人間なら、この涙目でフェラチオをしている女が彼女だとすぐに分かる画像ばかりだった。画像の中には、彼女の口めがけて男達が放尿しているものまであった。

「晒してほしかったろ?」

「・・・そんな・・・」

「この画像で、全国の男たちがオナニーしてるんだぜ?」

「・・」

「嬉しいだろ?お前のこの目を見て、フェラを見て、小便かけられている姿を見て、男達がオナニーしてるんだ。お前、嬉しいだろ?」

「・・・」前川は動画のサムネイルもクリックした。動画の中の彼女は、3穴串刺しにされて喘いでいる。

「・・・もう、見れません・・」動画の彼女は『おチンポ・・おチンポ・・・』と連呼し、『ああぁ!!あぁあ!!ダメです!・・あうぅぅ!!!』言葉にならない喘ぎを連発していた。

「何言ってんだよ、しっかり見るんだよ!」

「・・あ・・」場面が切り替わり、今度は床の上に寝かされて口を開いている彼女にめがけて、3方向から黄色い液体が放出された。彼女は顔を背けるも口は開いたまま、ゴボゴボゥ!と口から液体が吐き出されている。

「便所女の姿ってわけだな。お前は全国に晒されたんだ『小便を飲み干す女』ってな。」

「・・・」彼女はこの時のことを思い出していた。そして、こんな痴態が全国に晒されたことにゾクゾクしていた。マンコの中が疼くのが分かった。

「お前はこのサイトで、チンポを募集したんだよ(笑)」

「そんな・・なんで・・ですか・・・そんな酷いこと・・」前川はサムネイルの下についてたBBSを開いた。

「ここにお前を犯したい、マワしたいって奴らから書き込みがあるんだよ。読んでみろ」『○○○さんを犯す希望です!』『○○○、お前の汚いマンコにオレのザーメンぶち込ませろ!』『仲間20人で○○○を犯します!』『○○○さんの画像で抜きました!変態のエロ女ですね。』『顔を晒すなんてすごいですね。私の精子も膣内で出させてください』『アヘ顔に萌えました!』『こんな女いるわけねーだろ!バカが釣られてんじゃねー!』『こんな誰にでもやらせるような女、いるんですね』『旦那、バカですか?』『○○○、アンタ、まともな女じゃないね。精子に塗れて捨てられなさい』そこには、数多くの書き込みがあった。彼女を使いたいという男、彼女でオナニーしたという男、彼女を誹謗**する男。一つ一つの書き込みが彼女の心をザワザワとさせた。

「みんな、お前のことでこんなに熱くなってんだぜ(笑)・・・サイトの管理人から連絡があってさ、早いとこ貸してくれってよ。もう予定は入ってるってさ」前川はページに貼られたリンク先へとんだ。そこには『変態人妻○○○の陵辱計画』が書かれていた。

『第一弾○○○にブッカケ!大ゴックン大会!飲ませたい汁男を先着50名募集!』「・・50人・・」彼女はその先を読んだ。

『第二弾○○○を輪姦しよう!中出しOK!アナルもOK!鬼畜な男達を先着20名募集!』『第三弾○○○を便所にしよう!リアルスカトロ!小も大も○○○の体の中に入れてしまえ!マニア限定先着10名募集!』『ラスト!○○○を使い捨てよう!参加者の好きに○○○を使ってしまえ!口、マンコ、アナル、どこに射精してもOK!全員で○○○のマンコとアナルを破壊して、人格を壊せっ!希望者全員参加っ!』「・・こんなの・・・・酷過ぎます・・」彼女の目には涙が浮かんでいた。自分が知らないところで、自分を利用する募集がされている。女としての扱いではない。男達の欲望を満たすためだけの道具として使われるだけ。彼女の体を求める男達に愛や恋とは縁のない、ただその場だけの射精の道具。自分がそんな女にされることに彼女は絶望的な気持ちになった。

「まぁ、無事に済めばいいけどな。っつーか、50人分のザーメンって何だよ!って感じだけどな(笑)」前川は笑っていた。

「おい、こっちこい」前川は彼女を抱き寄せ、股間に指を這わせた。

「やっぱり、濡れてんじゃねーか、あ?」

「・・・・」確かに彼女のマンコは濡れていた。湿っていたというどころではない、ダラダラとマン汁を垂らしながら、前川の指を受け入れていた。

「自分でも気付いてんだろ?こういうのが好きだってことだ。」

「・・・そんな・・あん・・」彼女は前川の指で感じていた。

「しゃぶれ。」

「・・はい・・」彼女は素直に前川の股間に座り、前川のジーンズを降ろして、そのチンチンにしゃぶりついた。


「お前、こういうのに感じるだろ?」前川が彼女の前髪を掻き上げ、頭を撫でながら言う。

「・・はぁ、はぁ・・んっ・・」

「いいか、咥えてろ。口から出すな。手も使うな、口だけで咥えてろ。口の中でチンポの感触を感じろ。固さ、匂い、味、全て感じろ。」前川が彼女の髪に指を通しながら言うと、彼女は握っていたチンチンから手を離し、口だけでチンチンを咥えた。

「ん・・」

「こっち見ろ」

「・・ん・・」彼女は前川の目を見た。

「そうだ、お前のその目なんだよ。全国の男達が、お前のフェラチオする顔とその目を見ながらオナニーするんだ・・」

「んぅ・・んん・・」

「想像してみろ、お前のフェラ顔が全国に晒されてるんだよ」

「・・んぅ・・んん」彼女の口角からトロリとした涎が漏れはじめていた。

「お前がマンコに生のチンポを入れられてる顔も晒されてるんだ」

「んぅ・・んぅ・・・」

「アナルまで開いて、そのケツの穴にザーメン入れられてる顔も見られてるんだ・・それを見て、全国の変態がオナニーしてザーメン出すんだ。」

「んぅぅ・・んぅうっぅう・・」彼女は口の中でビクッと動く前川のチンチンを感じている。

「嬉しいだろ?お前は男のオナニーのネタにされてんだ。」

「・・んうぅぅ・・んうぅぅ・・」

「ほら、頷け。自分で首を縦に振れ。」

「んぅ・・んぅ・・」彼女はチンチンを咥えたまま首を縦に振った。

「音を立ててしゃぶり続けろ」

「んあぁ・・んはぁ・・はぁ・・はぁ・・んっ・・んうぅ・・」チュポチュポ・・と彼女は口だけでチンポをしゃぶった。涎塗れの口は、前川のチンポ汁の味で少ししょっぱさを感じた。

えっちなドラえもん

「はぁ・・はぁ・・」舌を伸ばして竿を舌から上に舐め上げ、亀頭を咥えてキュッと吸い上げると前川の竿はカチンカチンに硬くなっていた。

「お前のフェラ顔、全国に晒された気分はどうだ?こっち見ながら答えろ。」

「んぅ・・はう・そんな・・恥ずかしいです・・んぅ・・んぅ・・」彼女は前川を見つめながら答えると再び自分から口だけでチンチンを咥えた。その目はトロンとしていた。

「マンコにザーメン入れられた顔を晒された気分はどうだ?あ?」

「・・んう・・そんな・・」

「旦那のザーメンじゃないぞ、他人のザーメンをマンコから垂れ流しながら、アナルに生のチンポを出し入れされた顔をお前は晒してるんだ。」

「んぅ・・んうぅ・・はう・んは、んはぁ・・恥ずかしい・・んは・・んはう・・」彼女は前川の顔から視線を外すことが出来ない。ペチャペチャと唾液の音と、彼女の熱い息づかいが個室に響いている。

「オナニーのネタにされてる気分はどうだ?」

「・・うぅ・・んう・・」

「嬉しいだろ?」

「・・んぅ・んう・・はい・・」彼女は答えてしまった。それは彼女の本心なのかもしれない。

「オナネタにされて嬉しいだろ?自分で言ってみろ」

「・・んうぅ・・んう・・オナニーのネタにしていただいて・・嬉しいです・・・」

「お前は変態だな」

「・・はい・・アタシは変態です・・オナニーのネタになって嬉しいです・・」

「いいか、お前はお前を相手にしてくれる男を満足させることだけを考えろ。」

「・・はい・・」

「好きな男のザーメンは飲めるだろ?中出しもさせるだろ?・・お前の相手は、お前が好きな男じゃない。お前を使いたい全ての男だ」

「・・うぅ・・はひ・・」

「お前を使いたい男、誰でもいい、全員を喜ばせろ。」

「・・はひ・・」

「お前は、お前を望む男、全てのために体を使え。そのチンポを好きになれ。その男の体液を愛せ。いいな、お前は、お前を使う男達全員の恋人になれ。」

「・・うぅ・・は、はぃ・・はぅ・・」

「あのサイトで募集した知らない大勢の男にマワされろ、マンコを開け。アナルを開け。全ての男のチンポを入れろ。いいな。」

「・ん・・」彼女はチンチンに舌を這わせながら答えた。

「マンコにもアナルにもザーメン入れてもらえ。」

「・・はひ・・」

「小便も飲めよ」

「・・はぁ・ん・・」彼女の口は前川のチンチンに吸い付くようにその竿から離れなかった。

「もう普通の女としての幸せなんか無いぞ。お前の幸せは、不特定多数の男のチンポをしゃぶって、舐めて、マンコとアナルに入れることだけだ。そして、それを全国に晒せ。お前は晒しモノだ。お前のセックス、お前のマンコ、お前のアナル、全部、晒せ。お前の変態な顔を全国に晒せ。晒して自分を貶めろ。お前はただの穴だ。マンコとアナル、口を使われるだけの穴で晒しものだ。いいな?」

「・・ん・・」

「自分で言ってみろ」彼女の目は、前川を見つめていた。

「・・ん・・んぅ・・はぁ・・はひ・・アタシの幸せは・・・知らない人のおチンポをしゃぶって、舐めて、ザーメンを飲ませてもらって・・オマンコとアナルにおチンポ入れてもらって・・ザーメン出してもらうことです・・・男の人の体液を飲ませてもらうことです・・アタシは、便所です・・・公衆便所になった女です・・アタシは変態です・・アタシの体は晒者です・・アタシのイヤらしい顔を晒してください・・・アタシの顔を晒して・・オナニーしてもらうんです・・いっぱい出してくれたザーメン、全部、アタシの体に入れてもらうんです・・」彼女のマンコはすでにビチョビチョだった。マンコから垂れ流しになっているマン汁が彼女の内股まで垂れている。彼女は自分でそれに気付いていた。

「あはは、その通りだ。素直になったな。」前川のチンチンが一段と固くなり、ビクビクと脈打ってきた。

「口に出すぞ、いいな。まだ飲むなよ。口の中に溜めろ」

「んぅ・・んう・・」彼女は首を縦に振った。

「出すぞ。漏らすなよ」彼女は前川のチンチンが一瞬膨らんだのを口の中で感じた。

「・・うぅ・・んぅ・・・んっ!!・・んぅぅ!!!」前川のチンチンがビクンっとなった次の瞬間、彼女の口の中に生温く、生臭い液体が拡がった。

「んうぅぅぅ・・」彼女は口から精液が漏れないように唇を締めた。前川のチンチンの根元がドクドクと脈打っている。

「んん・・んんーー・・・。」彼女は竿に舌を絡めながら、精液が口角から垂れないようにゆっくりとチンチンを口から出した。

「・・おぉ・・気持ちいいぜ・・口の中見せてみろ」

「・・は・・はう・・あうあう・・・あああ・・はあ、はあ・・・」彼女は前川に口の中を見せた。白い液体がチャプチャプと浮かんでいた。

「よし、飲め。」ゴクンと喉を鳴らして彼女は前川の目を見たまま、精液を一息で飲み込んだ。

「・・・んう・・んぐ・・はぁ、はぁ・・はぁ・・美味しかったです・・ごちそうさまでした・・・お掃除させてください・・・」そして再び前川のチンチンを口に咥えた。ネットカフェの中、こんな状況、彼女が肉棒を公募しているということを知った夜でも、彼女は従順に前川をフェラし、精飲した。彼女を知っている人間が、この姿を見たらどう思うのか?男の欲望に従順な女。前川が彼女の頭を撫でながら言った。

「・・こっち見ろ・・そうだ・・お前はオレが調教した穴だ。口とマンコとアナルで男を喜ばせる穴だ。いいな。」

「・・はい・・」この時の彼女が何を考え,どう思っていたのか、私には分からない。


「お前さ・・」

「・・はい」ネットカフェの帰り、前川は彼女に話しかけた。

「・・○○○(特定の団体)って知ってる?」

「・・・○○○・・ですか?」

「あぁ、そう・・お前さ・・」

「・・はい?」

「・・知り合いいるのか?○○○に?」彼女は何を聞かれているのか分からなかった。○○○は、普通に生活している限り彼女が接点など持つはずがない、特別なものだった。

「・・いいえ、いません」

「・・・そうか。・・・今のは忘れろ。」

「・・はい」前川の表情はどことなく冴えなかった。


しかし、彼女は前川が聞いてきたことなど、頭に残らなかった。彼女は家に戻ると一人で考えていた。

『アタシ、本当にあんな風に使われるのかな・・・ネットで男の人を募集して・・あの画像とか動画を見た男の人が、アタシのフェラチオとかセックスとかを見てオチンチンしごいてオナニーしてる・・・あんな非現実的なこと・・・あれが実現したら、アタシはいっぱいの男の人に使われて・・ボロボロにされるんだ・・また、お口に出されて精子飲むんだ・・あの精子の匂いと味・・・アタシの頭がおかしくなっちゃう・・オマンコにも精子出される・・お尻の穴にも精子入れられて・・ヌルヌルした精子が、オマンコとお尻から溢れるんだ・・そして・・・オシッコも飲まされるんだ・・苦くて臭い男の人のオシッコ・・アタシの口はお便所にされる・・知らない人のオシッコ飲まされる・・○○くん、そんなこと知らないんだ・・こんなオシッコ飲むような女だってこと、○○くんは知らないんだ・・・アタシ、汚れた女だ・・・』これから行われるであろう彼女の貸し出し行為が、彼女のマンコを疼かせた。その夜、彼女はネット上に晒された自分、それを見ながらオナニーする男達、そんな肉棒に弄ばれる自分を想像してマンコを弄り、一人オーガズムに達した。


このとき、私は彼女がネット上で晒されていることを知らなかった。


彼女がアナルを提供したのを目撃した日から2週間後、私は男にメールした。

「すべて終わらせてほしい。」数時間後、男から返信があった。

「了解。」私は、これで全ては終わるんだと思った。

女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル

コメント0件

コメントはまだありません