FC2ブログ
微乳ゆかりのエッチな話 女性視点エッチ体験談
ゆかり

女性の私が興奮したエッチな体験談を掲載しています。女性の奥に潜むエロスをご堪能下さい。


ジジイの必殺技の高速手マンが炸裂し始めたら後輩が…

2021年01月10日
乱交体験談 0
私服で休日出勤したら上司(常務:60歳)が既に出勤していた。女性社員の体を障ることで有名なセクハラおやじ(以後ジジイ)だが仕事は完ぺきにこなす。同じ部屋には経理の21歳女子(以後S)がいた。隣の部屋には20歳の営業職(別チーム)の女子(高校の後輩)が1人だった。自分のいる部屋と隣の部屋は壁1枚で見えないようになっているが隅に小さな空気穴があるので自分のところに隣の声が聞こえたりする。
用事があって隣の部屋に行ったら後輩が白地のセーターに白地のフレアミニスカだったので「白い妖精だね」と言ってみた。「白い妖精ですね」と返ってきた。普段スーツなのでよくわからなかったがよく見ると巨乳だった。戻ると誰もいなかった。何か飲もうと休憩室に向かった。すると入れ違いでジジイとすれ違った。Sのコップがテーブルに置いてあったが本人がいなかった。自分のコップにコーヒーのスティックの中身を入れてごみ箱に捨てようとしたらごみ箱に見慣れぬプラスチック製の小瓶が捨ててあったので回収した。小瓶にアルファベットが書いてあり30mlと記載してあった。自分のデスクに戻り調べたら強力媚薬の液体3本分だった。その液体が入ったコーヒーを飲みながら戻ってきたS。こちらは大きめのVネックセーターにデニムのミニスカの組み合わせ。ジジイが「タイツ履いている?」とセクハラ発言。Sは「履いていないです。生足です。」さすがに若いなと思った。Sの胸は過去のジジイのセクハラで判明しているがFカップ。


官能小説ランキング

後輩がトイレに行ったのを見計らってジジイが隣の部屋に入っていった。その後隣の部屋から出てきて休憩室へ。後輩がトイレから出てきて自分の部屋に戻った。ジジイも休憩室から出てきて自分のデスクへ。自分はもしやと思い休憩室へ。ごみ箱を確認したら再び小瓶が・・・。今度は50mlって多くなっている。戻る途中に廊下から部屋の中が見えるのだがジジイがSの体を触りブラ・パンティーを脱がしていた。ブラ・パンティーはジジイのデスクの引き出しの中に入れられた。SM用の手錠を4セット出した。Sを抱きかかえて隣の会議室に連れ込み既になぜか用意されてあった十字架のようなものにSM用の手錠で手足首を固定していった。口轡のようなものを口に銜えさせて気体発生装置をONにして部屋を出てきた。ジジイはそのまま隣の後輩がいる部屋に向かった。空気穴から声が聞こえて「暑いよね脱ごうか」といって脱がした模様。
ジジイ「Dカップか形もいいね。いい乳だ。」
ジュルジュルという音が聞こえたと同時に後輩の「あっー。」という喘ぎ声も聞こえた。どうやらクンニ中。今度はクチュクチュと聞こえたので手マン。ジジイの必殺技の高速手マンが炸裂し始めたら後輩が「イクー。」連発して叫び続けた。ジジイが「あと何回潮吹きできるかな」イカせていた。後輩は「チンコ欲しいよ」と言っていたがジジイが「まだまだ手マンでイカせるよ」と言っていた。後輩が「イクー」→「あー」に叫び声が変わり。ジジイも「潮吹き終了かな。いい記録だ8回。」そして「入れるよ」と言って挿入。挿入後は後輩も「あっ、あっ」という喘ぎ声に変った。ジジイも「あー気持ちいい。締りがいいね。おっぱいもいいね。」長テーブルの上で正常位をしている感じに聞こえた。その後「お尻突き出して」と聞こえたのでバックハメ。「上に乗って」と聞こえたので騎乗位。そして再びガタガタと聞こえたので正常位に戻った。段々早くなりジジイの「イキそう」の声で後輩が「出して、出して」と答えてジジイが「どこに出して欲しい」と聞くと「中に出して」と答えたのでジジイが「イク、イク、イク、イクー」中出しした模様。すぐに片言の「オツカレサマデス」が6名聞こえた。最近訪日外国人対策で雇った黒人(英語圏)6人だった。ジジイが「This woman, Internal CumOK」って言うと黒人達は「Internal CumOK。Oh。Yes」とか言っていた。さらに「Three peopleOK。」4Pが始まった。音と声だけで判断していたが後輩のマンコ・アナル・口に特大ペニスを生挿入されての連続快楽レイプ。
ジジイと黒人3人は廊下から直接会議室に入りSのレイプを始めた。
自分がいる部屋には自分しかいなかったがトイレに行って戻ってコーヒーを飲んだら寝てしまった。気づいたら部屋には誰もいなかったが見覚えのある荷物が複数あった。Sの荷物・後輩の荷物・社内恋愛中の彼女の荷物・今日彼女と一緒に出掛けたはずの妹2人(JKとJC)の荷物・総務のMの荷物。会議室・隣の部屋を見たが本人たちがいなかったので探した。倉庫の鍵が開いていたので中に入った。倉庫の中に秘密の地下室があると噂で聞いていたので入り口を探した。作業室に階段を発見した。降りると小部屋が複数あった。覗き穴から覗くと妹2人はそれぞれ黒人2ずつと3P中。後輩とジジイが生ハメ中。Mと黒人・Sと黒人が生ハメ中。彼女は首から下は謎のカプセルの中に口・鼻は酸素マスクのようなものを着けられて目はVRメガネ。自分は最奥のモニター室に入った。モニター室には男女問わず全員の服が籠に入っていた。5室は覗き穴の通り。彼女のカプセルが気になった。ブラシで液体媚薬を塗りながらマンコ・アナルに挿入を繰り返す。酸素マスクは媚薬を出し続けてVRは触手で犯している映像。
モニター室のPCを見た。大量の映像と不透明なお金の流れを発見した。その時彼女の喘ぎ声が聞こえたのでモニターを見ると3つの部屋が1つの部屋につながり6×7の乱交が始まった。モニター越しに中出しされるGカップの彼女。特大チンコに集る妹2人など。そっとモニター室から出てデスクに戻りコーヒーを飲んだら再び寝てしまった。気づいたら彼女に「いつまで寝ているの」と怒られた。先に妹2人は帰ったみたいだったし彼女も帰りにラブホ普通にSEXしてくれた。

えっちなドラえもん
女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル

コメント0件

コメントはまだありません