FC2ブログ
微乳ゆかりのエッチな話 女性視点エッチ体験談
ゆかり

女性の私が興奮したエッチな体験談を掲載しています。女性の奥に潜むエロスをご堪能下さい。


痴漢やナンパされてするセックスしか興奮しない…

2021年02月16日
露出体験談 0
見知らぬ人とのセックスが好き。
痴漢やナンパされてするセックスしか興奮しないし、感じないの。
ナンパは自分からはしないし、イケメンや怖い人はNG。
冴えないおじさんやモテそうにない人にセックスしてもらい快感を味わいます。

ナンパされてセックスした帰り道、財布がないことに気付き、家まで遠いし、雪もちらほら。
ナンパする人もなく、公園にいると、おねぇちゃんどうした?
って、浮浪者に声をかけられ、普段だったら逃げるけど、
人の良さそうなおじさんで、事情を話すと、おじさんのテントに入れてくれました。


もっとエッチな動画はこちら

テントの中は小綺麗にしていて、ペットボトルのお茶をコンロで暖めて飲ませてくれました。
明け方には、小銭まで貸してくれて、助かった~って感じで帰りました。
次の日、お金と自分で作った料理を持ってお礼に。
返事がないので中を見ると全裸で体を拭いていて、その体に驚きました。
細いけど逞しく、ペニスが勃起していて、固そうでおいしそうなんです。
そうっと待っていて終わった頃、声をかけ、お礼を言って料理をあげると、
人なつっこい笑顔で喜んでくれました。

あの日から、彼のペニスが頭を離れません。オナニーも効果なし。
思いきって、料理を作って遊びにに行き、聞いて見ると、こちらに来て、就職し、
体を壊して会社を止めると部屋をおいだされ、再就職も出来ずに浮浪者に。
セックスはどうしてるのって聞くと、
「セックスはしたことがない。エロ本見てせんずり、こく。」
「せんずりこく?」
「ちんぽをたくさんこすって、どぴゅだよ。」
「ああ、オナニーのことね!、手で千回擦らないと射精しないの?」
「若くて綺麗な顔して、すけべなねぇちゃんだな。なんでまたそんなこと聞くの?」
「おじさんにセックスしてもらいたいの。私と。」
「え、いや、いいよ。恥ずかしから・・」
「だって、セックスして欲しいの、助けると思って、お願い・・」

私は服を脱ぐと、全裸でだきついた
「いいのか、いいのか、いいの?」
彼は私を抱き締めながら、服を脱ぐとペニスを押し付けてくる。
私はキスをしながら、ペニスを手で導くと性器に受け入れました。
手を乳房に運ばせ、乳首を玩ばれ、彼は獣みたいに突き突きして、
いきなり、膣奥に射精しました。
子宮に刺さったペニスは物凄い量の精液を吐き出しています。
思う存分射精しながら乳首を吸う彼は、
「有難い、有難い、嬉しい、嬉しい、」
って泣きながら射精するのを見て、嬉しくて、痙攣しながら私もイキました。
ペニスを抜くと見たこともない量の精液が私の性器から垂れました。


官能小説ランキング



彼は、「観音様だな、あんたは。嬉しいよ、気持ち良かったよ。」って言って、
性器を拭いてくれました。謙虚で優しい人でした。
その後、味をしめた私は、よその公園で小綺麗な浮浪者を見つけると
浮浪者のテントを訪れ、セックスをねだるようになり、
休日は浮浪者の体を清めるタオルや洗浄液コンドームを持って、河原や橋の下、
遠くのテント村まで出かけていろいろな浮浪者とセックスすることが楽しみとなりました。

気に入った浮浪者とは一度でなく数回してるし、何より喜んでセックスしてくれるのが、
嬉しくて生き甲斐を感じ、よけいに興奮、快感を感じます。
最初の彼は週に2回くらい訪れてセックスします。
とても謙虚で律儀な人で私を気遣い、食事をご馳走してくれたり、
私を宝物のように扱いセックスしてくれます。

金曜の夜は泊りでフェラしてあげると喜んで何度もセックスしてくれます。
セックスボランティアとよんで楽しみますが、私が彼らにボランティアするのではなく、
彼らが私にセックスのボランティアをしてくれるのです。
お金の授受はせず、私は料理や医薬品、ちょっとした生活必需品を提供して
彼らは私をセックスやお話で体や心が癒されます。
休日は3人くらいとお逢いしてセックスするのですが可愛いのは
私がくるので体を浄め食事を作って待っていてくれます。
本当に必要とされ、大事に扱ってくれる、浮浪者たちのセックスは病みつきです。
週に10人くらいの浮浪者とセックスすることもあり、生理中はフェラしに遊びに行き、
一緒にお酒を飲んだり恋人みたいに過ごし癒されています。

女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル

気に入ったらシェア!

ゆかり
この記事を書いた人: ゆかり
私が興奮した体験談を掲載しています。
皆さんの体験も
どんどん送って下さい!!

コメント0件

コメントはまだありません