FC2ブログ
微乳ゆかりのエッチな話 女性視点エッチ体験談
ゆかり

女性の私が興奮したエッチな体験談を掲載しています。女性の奥に潜むエロスをご堪能下さい。


息子の家庭教師の若くて逞しい肉棒が私の膣を埋め尽くし…

2021年02月19日
若い男との体験談 0
これは、わたしが危険日だったときのHのお話です。
いつものように、固くなったオチンチンを挿入しようと息子の家庭教師のYクンが迫ってきます。
彼のものを確かめると、コンドームなしで生で挿入しようとしていたのです。
「あん、ダメッ」
と言うのですが、それを無視して腰を動かします。

Yクンに引き寄せられて、一旦抜いて思いっきり射しなおすとさらに深く、グチュッと音がするほど熱いのが入ってくるのです。
「アアーン、そこよ、あたってるわ、うぅ~っ」
と言って私は目をとろんとさせます。
また、グチュッ、グチュッと音が出るぐらいにYクンが腰を激しく動かします。
肉襞の中でこすり上げてるようにされると、すごい勢いで女の花園がヌルヌルになって、オシッコをしたくらいシーツが濡れちゃうこともあります。


もっとエッチな動画はこちら


「中に出したい、イキそー」
と言いながら、私のDカップの胸を揉みながら、激しくピストン運動をするのです。
「今日はダメよっ、赤ちゃんができそうな日なの」

Yクンは姿勢を変えて後ろからお尻を鷲づかみにして、いきり立った硬いものを突きさそうとします。
「あっ、また中に入れる気なの、射精する気なんでしょう…」
と言いますが、彼はそれを聞き流して、
「また、いやらしいあそこに挿入するぞ」
と言って、彼のいきり立ったものをあたしの奥の奥まで差し込むのです。
「ダメ~っ、絶対精子出す気でしょ、あぁーん、赤ちゃんができたらどうする気なのぉ」
と色っぽいオトナの女の声を出します。
実は、射精寸前の最大になった時のその固さが大好きなんです。

「中でだしちゃだめよ」
というほど彼も興奮するみたいです。
私が「中でいっちゃダメッ」と懇願するのを聞き流し、彼は一気に挿入します。
膣内射精したくてたまらない腰を強く打ち付けてきます。
「さっきより太くて固いんじゃない?、膣内に出すんでしょ?イヤぁん、もうすぐ出すんでしょ、絶対ダメよ!」
そう言えば言うほど、彼は上気した顔で堅くなったアレを深く射し込んで、射精にむかって突き進むのです。
ビュッと精液を出すという、最後の官能の悦びを求めて、止まらなくなっています。
「だめよっ、あっ、出そうなの、精子が出てるんじゃない、そんなに深く入れて出したら、赤ちゃんができちゃうかも」

彼はもう夢中です。そして、腰を突き動かし、ぐいぐい子宮の奥にあたるのです。
主人には悪いけれど、女としての悦びを感じながら、射精寸前の彼を抱きしめて
「あ、あっ、もう…イクっ~!」と叫ぶのです。
彼の動きがさらに激しく、最後の瞬間が近づきます。
「もういいっ、出して、全部出してっ!あたしの体の中に」
Yクンの動きが一瞬とまり、射精している。さらに腰を打ちつけてきて、最後まで奥深く精液を出します。


官能小説ランキング



熱い精液を射精されて「アアッ、イクワ、イク~」と悶えるのです。
Yクンも、コンドームなしで生で、いくときの方が、すごくコーフンするみたいです。
主人のものより細いけれど、十分な固さのある彼も美味しいです。

女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル

コメント0件

コメントはまだありません